穴生学舎 つれづれ日記

穴生学舎トップページへ戻る

Page 1 of 32.

12332 Next
2020年02月26日
シニアカレッジ開講!!

「北九州のいま、そして未来」~SDGsを踏まえて~
聞きなれないテーマですが、北九州市の未来像を形として捉え、目に見え、誰にでも出来るということを解りやすく噛み砕いて~~そんなことだったのか!

そんな授業です。

授業は、2月14日(金)~3月18日(水)までの水・金の10回で、誰にでも分かるように解りやすく噛み砕いた授業を実施しています。

2020年02月18日
ロビーコンサート開催

2月17日(月)、令和元年度第4回目ロビーコンサートを開催しました。
 コーラスボランティア「コールフラワーズ」の皆さんによるコーラスと、栗秋美江さんのピアノの演奏でした。
 観客の皆さんは歌詞カードを手に、一緒に歌ったり、手話ソングをしたり、楽しいひと時を過ごされたようです。(歌うことは、脳が活性化されたり、幸せホルモンが出たりと良い効果があるそうですね。)

 ドビュッシーの「アラベスク第1番」のピアノの演奏にも魅了されました。

 令和2年度第1回目のロビーコンサートは、4月23日(木)(12時20分~12時50分)に予定しております。どうぞお楽しみに

2020年02月17日
文化伝承 校外学習

暖冬から一転、真冬並みの寒さとなった2月17日(月)に長府散策!!
 「誰のせいよ」といいつつ強風に耐えながらの楽しい1日でした。ボランティアの平松さんのお話や詩、その後昼食のお好み焼で満腹になり、帰途に就きました。

2020年02月14日
周望学舎・穴生学舎合同学習成果発表が始まりました       (2月20日まで)

2月14日(金)から、ウェルとばたにおいて、周望学舎・穴生学舎 令和元年度の合同学習成果発表の展示が始まりました。
 一般コースのうち、周望学舎(9コース)穴生学舎(11コース)の研修生の皆さんの1年間の研修成果を見ていただく場として、また、新年度の研修生募集の時期にあわせ、ウェルとばた2階交流プラザで展示をしています。
 各学舎での研修期間も残すところ1週間あまりとなりました。
 この機会に是非一度足を運んで、両学舎の研修生の皆さんのあゆみをご覧いただければと思います。

2020年02月04日
健康づくりサポーターコースが周望学舎と交流会

「健康づくりサポーターコース」は、自らの健康づくりに加え、地域の健康づくりをサポートする人材を育成するコースです。周望学舎にも同じコースがあり、年2回交流会があります。
 1回目の1月28日は穴生学舎の研修生が周望学舎に行きました。班での自己紹介の後、転倒無死(てんとうむし)体操を教わりました。お昼からは周望学舎の研修生考案の3つのゲームを班対抗で行い、盛り上がりました。

 2回目の2月4日は、穴生学舎主催の日です。この日のメニューは、企画から運営、全てを穴生学舎の研修生が考え、役割分担を決めて行います。皆で「先週よりも盛り上がりますように!」と、リーダーを中心に準備に励みました。
 朝のお出迎えから始まり、「じゃんけん列車」、「数字ゲーム」、「コーナーじゃんけん」等のレクリエーションで和気あいあいと大盛り上がりです。
 このレクリエーションで、周望・穴生入り交じっての班を作りました。

 全員で昼食を食べた後はドームへ移動し、グラウンドゴルフです。
午前中作った班毎にホールを回ります。打つときは、ボールに向かって「入って!」と念じつつ打ちます。中には「そっち行っちゃダメ!」と叫ぶ研修生もいました。
ホール・イン・ワンがあちこちで出て、班全員で喜びのハイ・タッチ。
2日間という短い時間でしたが、和気あいあいと交流会は進みました。充実感で一杯になる経験が出来ました。

    健康づくりサポーターコースや他の年間コースに関するお問い合わせは、
       
☎(093)645-6688 穴生学舎までどうぞ。

2020年01月30日
令和元年度 趣味やボランティアに活かせる              園芸入門講座を開催しました

令和元年9月26日(木)・10月31日(木)(全2回)、「趣味やボランティアに活かせる園芸入門講座」を開催しました。18名の方が受講されました。
 講師は北九州市フラワーコーディネーター 松雪美千代先生です。穴生・周望学舎の研修コースでも講師をしていただいています。

 第一回は「種まき」。小さな種を大事に撒いて、発芽するまでと、発芽した後の育て方を学びました。
 第二回は「種まき」のその後の様子や難しかった点などを復習し、「寄せ植え」を学びました。色鮮やかなシクラメン、レモンライムの低木など計6種類、とてもおしゃれな寄せ植えが完成し、それぞれのお家に持ち帰られました。

 穴生学舎では、ボランティアグループ「花ボラ・園芸クラブ」の皆さんによって、冬~春はパンジー、夏~秋はポーチュラカの植付や手入れをしていただいており、一年中きれいなお花に囲まれています。趣味をボランティアに活かしてみませんか?

2020年01月30日
令和元年度 傾聴ボランティア入門講座を開催しました

令和元年6月21日~7月12日(毎週金曜日・全4回)、傾聴ボランティア入門講座を開催しました。21名の方が受講されました。
 第1回・第3回・第4回は、西南女学院大学 保健福祉学部 福祉学科の杉本有紗先生に講義をしていただきました。

 受講生の方は傾聴で気を付ける点を学びながら、二人一組になって、話し手役と聴き手役を交互に体験しました。
 第2回では社会福祉法人 北九州福祉会 介護老人保健施設サングレース 副施設長 藤原麻子さんに「施設が求めるボランティアとは」というテーマでお話いただきました。
 穴生学舎の傾聴ボランティアグループの方々にも活動体験を発表していただきました。
 講座終了後は「まずはやってみよう!」と意欲的にボランティア活動を始めた受講生もいらっしゃいます。

2020年01月29日
1日体験講座(第2弾)を開催しました

令和2年1月18日(土)、1日体験講座を開催しました。
 この1日体験講座は、穴生学舎の1日を体験していただくもので、穴生学舎と周望学舎の両学舎の年間コースを1度も受講したことがない55歳以上の方を対象として開催しているものです。

 例年、1月15日から始まる来年度の研修生募集の時期に合わせて行うもので、令和元年12月14日に続いて今回が2度目の開催となります。
 当日、20名の方が受講されて、午前中は、八幡西区食生活改善推進員協議会の方による料理講座を行いました。受講生のみなさんには、実際に料理を作っていただき、初対面の方とコミュニケーションをとりながら、健康的な食生活について学んでいただきました。
 午後からは、旧古河鉱業若松ビル館長の若宮幸一先生をお迎えして「くきのうみの移り変わりと地域の発展」というテーマでご講話を頂きました。

 若宮先生は、歴史に学ぶコース・郷土のなりたちコースでご指導いただいており、当日は、昔の写真を織り交ぜながら、若松の今昔物語を語られました。
 令和元年度の1日体験講座は終了しますが、穴生学舎を知っていただくために、2月1日(土)に公開講座の開催を予定しています。

 今回、1日体験講座を受講できなかった方は、ぜひ、次回の公開講座に申し込みをしていただけたらと思います。
 公開講座は、令和2年2月1日(土)13時~15時 歴史講座を開催します。
 テーマは「誠忠の戦国武将・立花宗茂と高橋紹運」で、講師に史学博士の廣崎篤夫先生をお迎えする予定です。
 みなさまからのお申し込みをお待ちしております。
 公開講座や年間コースに関するお問い合わせは、
    (093)645-6688 穴生学舎までどうぞ。

2019年12月28日
1日体験講座を開催しました

令和元年12月14日(土)、1日体験講座を開催しました。
この1日体験講座は、穴生学舎の1日を体験していただくもので、穴生学舎と周望学舎の両学舎の年間コースを1度も受講したことがない55歳以上の方を対象として開催しているものです。

 年間コースの1日と同じように、9時30分からホームルームを実施して、その中で穴生学舎の年間スケジュールや1日のスケジュール等を説明しました。
 1時限目は、八幡西区食生活改善推進員協議会の方による料理講座を行いました。受講生のみなさんには、実際に料理を作っていただきながら、健康的な食生活について学んでいただきました。
 2時限目は、「こころと人生」というテーマで西南女学院大学 福祉学科 教授 中島俊介先生にご指導いただきました。中島先生は、心と身体の健康コース等、いくつかのコースでご指導いただいており、研修生からも先生の話が興味深いと評判の先生です。
 今回、21人の方に穴生学舎の1日を体験していただきましたが、次回は、1月18日(土)に開催の予定です。今回の1日体験講座を受講できなかった方は、ぜひ、次回の1日体験講座に申し込みをしていただけたらと思います。次回の1日体験講座は、1時限目は、八幡西区食生活改善推進員協議会の方による料理講座を行います。2時限目は、歴史講座「くきのうみの移り変わりと地域の発展」をテーマとして、講師に旧古河鉱業若松ビルの若宮幸一先生をお迎えする予定です。
 みなさまからのお申し込みをお待ちしております。
 1日体験講座や他の年間コースに関するお問い合わせは、
   (093)645-6688 穴生学舎までどうぞ。

2019年12月27日
ロビーコンサート開催

年に4回開催されているロビーコンサート。
平成最後の年、第一回目は4月25日(木)、二胡奏者の帯金真理子さんとピアノ奏者の谷口淑子さんによる演奏でした。生徒さんも出演いただき圧巻でした。とても美しい音色に感動しました。


 第二回目は令和元年8月30日(金)、穴生学舎研修生の安永鈴子さんによるハーモニカの演奏でした。「切手のない贈り物」「荒城の月」など全9曲を演奏していただきました。
一つのハーモニカから出ているの?と思わせるハーモニーに驚きました。


 第三回目は令和元年11月20日(水)、「アルハンブラギター合奏団」によるギター・ウクレレ・カホンの演奏でした。
演奏の素晴らしさもさることながら、MCのかたが盛り上げ上手。
最後は演奏に合わせて会場の皆さんも一緒に歌って、楽しいひと時でした。

 

Page 1 of 32.

12332 Next

このページの先頭に戻る

穴生学舎トップページへ戻る