穴生学舎 つれづれ日記

穴生学舎トップページへ戻る

< Previous

1

2

3

4

5

6

7

Next >

2016年07月14日
健康管理コースが薬膳料理入門の勉強をしました。

国際薬膳調理師の北村眞知子先生を迎えて薬膳料理について講義をしていただきました。

次の週は場所を調理室に移して薬膳料理の実践です。

女性はさすがに手慣れたものですが、男性は少々危なっかしい方もいます。

作った後はお昼ごはんとしていただきました。美味しかったです。

先生によると薬膳とはバランスだそうです。過ぎず、不足せず。皆さんこれからも気をつけましょう。

2016年06月17日
第23回穴生学舎ふれあいスポーツ大会

  第23回穴生学舎ふれあいスポーツ大会が開催されました!!開会式は大会委員長による聖火の点灯式から始まります。開会宣誓で気分も盛り上がります。そして怪我の無いよう、準備運動で十分に体をほぐします。

                 パン食い競走やボール運びなどの競技や炭坑節やフォークダンスなどの踊りもありました。   紅白応援団の演技はこの日一番の盛り上がりでした。衣装も凝ってます。

皆さんの歓声、笑顔にあふれ、とても楽しい大会になりました。
準備や大会に協力していただいた皆さん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

2016年05月19日
健康管理コース、本日は施設見学と宿泊研修です。

5月19日は施設見学で本城リサイクルセンターとシャボン玉石鹸を訪れました。リサイクルの大切さと、添加物なしの石鹸が身体に良いことを学びました。

宿泊当日はコースの皆さんとの懇親を深めることができました。ただし、翌朝のラジオ体操はややお疲れ気味のようです。

2016年03月11日
穴生学舎シニアカレッジ 閉講式実施

  3月11日(金)九州国際大学との共催で行われていた穴生学舎シニアカレッジの閉講式を実施しました。

 この日は、最後の講義として、経済学部 特任教授 古賀哲矢先生が「グローバル社会における自治体の政策・・・北九州市の国際化施策を中心に」というテーマで話されました。

 また、3月11日は、東日本大震災から5年を迎え、地震が発生した午後2時46分に合わせて黙とうをささげました。

 閉講式では、穴生学舎 所長 日野俊彦から受講生の代表に修了証が渡されたほか、九州国際大学 地域連携センター長 古賀哲矢さんからは、退官した後、みなさんと一緒に学びたいとのお話がありました。

 次回は、夏に九州共立大学で開講する予定ですので、多くの方の応募をお待ちしております。

2016年03月10日
平成27年度の年間コースの修了式実施

3月10日(木)平成27年度の年間コースの修了式を穴生学舎・周望学舎同で実施しました。

 会場となった八幡市民会館は、今まで、入学式、修了式と年2回、お世話になっていましたが、今月閉館するため、同会館で行う最後の修了式となりました。

 今回の修了式では、絵画入門コースの森裕美子さんが穴生学舎の研修生を代表して修了証書を受領し、アジアを学ぶコースの海老澤洋さんが全修了生を代表して謝辞を述べました。 

 また、多くの来賓の方がお忙しいなか、お越しいただき、年間コースの最後の締めくくりをすることができました。

  穴生学舎の修了生430人は、平成28年度も年間コースで入学する人、地域活動にいそしむ人など、それぞれの歩みを進めていきます。

2016年02月17日
実用書道コースの作品展開催中!

 穴生学舎の研修生の皆さんに1年間の研修成果を見ていただくため、実用書道コースの皆さんの修了記念の作品を、穴生学舎1階ホールで展示しています。

 研修期間も残すところ1週間あまりとなり、次はどのコースを希望しようかと、研修生の皆さんは発表される募集状況を眺めながら(写真)、真剣に検討されていますが、実用書道コースの皆さんの作品展も参考になった様子で、皆さんの上達ぶりに、「字が下手だった人も、こんなに上手になったそうよ」「自分もこんなに上手になれるかなあ」など、作品への寸評も交えながら真剣に観賞していました。

 この作品展は、2月14日まで黒崎市民ギャラリーで修了作品展のため出展していたものを、引き続き穴生学舎で開催するもので、2月16日から2月22日(月)まで展示しています。

この機会に、是非、研修生の皆さんの精魂込めた作品をご覧いただければと思います。

2016年02月16日
穴生学舎シニアカレッジ始まる(3月11日まで)

 

2月10日(水)から穴生学舎シニアカレッジが始まりました。

 シニアカレッジは、高齢者の方のますます旺盛な向学心に対応し、校外学習として大学の先生方による講義を開講しているもので、夏と冬の年2回行っています。

 今回は、九州国際大学の先生が「グローバル社会を生き抜く」をテーマに国内外の様々な出来事を自らの生活に鑑み、「生き抜く力」の手助けとなるように分かりやすく講義をするもので、43名の方が参加されています。

 次回は、夏に九州共立大学で開講する予定ですので、多くの方の応募をお待ちしております。

今回の講義内容は、ファイルダウンロードを開始しますここをクリックすればご覧いただけます。

2016年02月10日
民生委員児童委員協議会への募集案内!

八幡東区民生委員児童委員の地区会長会議が八幡東区社会福祉会館で開催され、穴生学舎から各民生委員さんへ研修生募集の案内を行いました。

会議の冒頭に説明時間を頂き、今年の研修生の中に現役の民生委員さんも在学していることや、研修の中には専門研修のほか地域活動やボランティアに関する講義もあり研修成果を地域活動に還元していく仕組みづくりも行っていることなどを説明し、一人でも多くの方の参加を呼び掛けて頂くようお願いしました。

地区会長から「穴生学舎にはスクールバスはないのか」との質問があり、「丘の上にある周望学舎と違って、穴生学舎は黒崎駅からの西鉄バスの路線があり、近くに穴生駅電停もあることから、スクールバスの運行は行っていないが、自家用車の方のために広い無料の駐車場を用意している」旨説明し、東区社協事務局長から「募集頑張ってください」との言葉がありました。(八幡東区民児協の財津会長の了解を頂き、会議の様子をカメラに収めました。ご協力ありがとうございました。)

また、八幡東区民児協以外の各区民児協地区会長についても、穴生学舎と周望学舎が手分けして地区会長会議に出席し、研修生の募集案内を行いました。

2016年02月10日
穴生学舎自由研究発表会が開催!

穴生学舎では、修了式も間近に迫ったこの時期に、研修生がコースで学んだ成果などを自由に発表し合い、他のコースで学んでいる研修生や地域の方たちにも自由参加を呼びかけて、穴生学舎の魅力を情報発信する「自由研究発表会」を毎年開催しています。

今年は、座学系のコース(アジアを学ぶ、地域ふれあい、生活情報、郷土のなりたち)が研究成果発表を行います。第一弾はアジアを学ぶコースで、2月10日に開催されました。

アジアを学ぶコースの研修生が6班に分かれて、各テーマごとに各班の代表者が、研修生たちが聞く中、授業で学んだことや感心あるテーマを自分たちで自由研究し、内容を深めて発表しました。

発表内容は、中国の漢字に関するもの、発展するベトナム、フィリッピンの社会や文化など、アジアの国々に関する興味深いテーマばかりで、発表者のパワーポイントを使った分かりやすい説明に、研修生たちは熱心にメモを取りながら聞き入っていました。

発表した研究資料は、穴生学舎の図書室に置いていますので、興味のある方はご覧ください。今後の他のコースの自由研究発表会の日程は、こちらをクリックしてご覧ください。

2016年02月09日
萩・歴史散策(歴史に学ぶコース)

2月9日に歴史に学ぶコースは、萩に校外研修へ行き、昨年世界文化遺産に登録された松下村塾の中で、上田宮司様に講義をしていただきました。

 

 松陰先生を始め、幕末に躍動した塾生達の魂に触れ実りある研修になりました。

 

本当は8月に萩に行く予定でしたが、台風15号の影響で延期となっていました。念願叶って講師の櫻井先生と一緒に萩に行けました。

< Previous

1

2

3

4

5

6

7

Next >

このページの先頭に戻る

穴生学舎トップページへ戻る